【報告】 少し新しいことを始めてみたい人のための「初めてのボードゲーム会」 第1回

2日前に急きょ告知したこの企画。

さすがに急すぎましたね。

しかしお一人の方にご参加いただけましたので、開催致しました~。

まずはこのゲーム…ではなく、ピンボケしているこの写真。

左側に空のボトル、右側に午○の紅茶を用意しました。

これから何を始めるかというと、まずは空のボトルに午後の○茶を注ぎます。

 

トットットットット

注ぎ終わりました。

写真のピントもあってきました。

午後の紅○がかなり減りましたね。

 

次にフタを装着します。

カキーンと装着完了。

撮影場所も変え、先ほどの写真よりはどことなくオシャレに見えます。

で、この白い蓋をひねると…。

なんと…。

 

 

炭酸注入!です。

これで炭酸入りの紅茶ができあがりました!

ねっ、簡単でしょ。

シュワシュワする紅茶。

味の方は…まぁ…飲めないこともないです。

 

 

さて、気を取り直して本日行ったゲームを紹介します。

まず1つ目は「ワニに乗る?」です。

いきなり告知と違うゲームからスタートしました。

 

バランスよく動物たちを乗せていくという子ども向けのゲームなのですが、侮ることなかれ!

これが意外にハマるんです。

というか面白い。

絶対子どもより大人の方がハマると思います。

 

8種類の動物たちを片手で積み上げていく対戦型のゲームです。

基本はワニの背中に好きな動物を乗せていくのですが、サイコロ次第では、ワニの横に置いたり、対戦相手に乗せさせたり、乗せる動物を対戦相手に指定されたりと予想外の展開が起こります。

 

日頃パソコン仕事ばかりしている人には結構ウケるんじゃないかなぁと思います。

 

 

次のゲームは「ヴィラ・パレッティ」です。

簡単に言うと「ジェンガ」みたいなものです。

ただ各々の棒に点数がついているため、どれを土台に残し、どれを上に置くのか迷います。

さらに自分は安全地帯におきつつ、相手の邪魔をしなければいけないので、指先だけでなく頭を使います。

このゲームは今日で2回目でしたが、まだ頂点まで積み上げたことがありません。

 

 

3つ目は「アリンコ・ヘラクレス」です。

アリクイのアントンが来る前に参加者で協力して蟻塚をつくるゲームです。

協力プレイだけでなく対戦もできます。

このゲームも今日で2回目ですが、いまだに面白さがわかりません。

 

前回も2人でやたので、今度は一度3人以上でやってみたいですね。

ただ工夫することで、ワークショップなどにかなり使えそうなポテンシャルは秘めています。

 

 

最後のゲームは「ザップゼラップ」です。

2001年のドイツゲーム大賞の最終候補に残ったゲーム。

そもそもそんなことを知らずに「面白いのか?コレ?」と適当に購入したゲーム。

 

プレイヤーは1人3つのコマを持ち、ゴールさせていくことが目的のスゴロク。

 

サイコロを2つ振り、出た目の合計数より少ない数の玉が入ったシェーカー(まん中の緑の筒)を当てるゲーム。

シェーカーの中には小さな玉がいくつか入っており、その数の答えはシェーカーの底に書いてあります(数字は1~13)。

 

シェーカーの底を見ずに、振ったときの音や感触でだいたい何個かを予想し、そのシェーカーをとって、一斉に底の数字をオープンにします。

 

サイコロの目よりも大きい数字をとったプレイヤーは動けず、サイコロの目より小さい数字をとったプレイヤーはそのシェーカーの数字分だけ動けます。

もう少し細かいルールはいろいろあるのですが、一発逆転があったり、賭けをして痛い目をみたり、少ないと思ってとったシェーカーの数字がとても大きかったり、臆病になって妙に小さな数字をとってしまったり。

 

意外なほどに盛り上がりました。

というか良い意味で期待を裏切られた作品でした。

 

この他にも「ごきぶりポーカー」や「バウザック」といったゲームをしたのですが…まぁ結局、告知していたゲームは1つもしませんでした。

 

 

次回は平成25年6月15日(土)13時30分~15時30分です

お楽しみに!