第1回 POSTCROSSINGをやってみよう

どうも!

明後日5/14(火)です、第2回POSTCROSSINGの会!


さて、前回の4月23日の第1回ポストクロッシングをやってみよう!の会は、参加者なし!だったのです。

 

・・・なので、担当カタヤマと私イッカクの、POSTCROSSINGをやってみよう、をお伝えします。

 

まずは、POSTCROSSINGに登録します!

ポストクロッシングの登録者の中から、ハガキを出す相手がランダムに選出されます。
私、イッカクがハガキを出す相手は、オランダ在住のおばあちゃんです!

孫が二人、スポーツも好きだという、70歳です。

そして、自己紹介文と共に「どういったハガキをもらうと嬉しいか」ということも書かれています。
この方は、
「ハガキは封筒にいれて送ってほしい、切手を集められるから」
「あなたの身近なもののハガキで送ってほしい」
「もしあなたが北欧にすんでいるなら、Elsa Beskow or Lidberg、ドイツに住んでいるなら Der Sendung mit der Mausのはがきがいい」
だそう!

手紙の内容ばかりに気を取られていましたが、どんなハガキで送ってほしいかというリクエストまであるとは!ですので、日本といえば・・のドラえもんか、いわさきちひろにするか・・と考えていたのですが、三重県特産物ハガキにしました。下の方の2枚です。郵便局で売ってました。

カタヤマはのお相手は、「24歳のロシアに住む大学生の方。ユーザーネームから日本にとっても興味がある方」だそうです。

ところで、当日カタヤマが、参加者のみなさんに使っていただこうか、と持ってきてくれたハガキと、いままでのもらったポストカードをみせてもらったところ、興味深いハガキがたくさん!!

そこから、ポストカード談議に花が咲き、
小さい頃にパーマン、じゃなかった、「パー子変身セット」を持っていたとか、「かみつきばあちゃん」が流行っていたとか、シカにぶつかりそうになったとか、小豆島がオススメだとか、いろんなところへ話がとびました。

みんなんでポストカードについてあれやこれや話すのもきっと楽しいと思います。
もらったはがき、思い出のはがき、これなら同じ参加者にあげてもいいハガキ、などをお持ちください。

さ、ハガキを書きましたので、カタヤマに添削してもらって、いざ投函です。
この後どうなるか、またご報告します!